赤ちゃん夜泣き対策の【すやねむカモミール】

赤ちゃん夜泣き対策におすすめです↓


赤ちゃんの夜泣き対策におすすめすやねむカモミール

子供の夜泣きに悩んでいるお母さんはとてもたくさんいます。

 

夜泣きが続くとお母さんの心と体もどんどん疲れていってしまいあmす。

 

そんなお母さんの強い味方として人気の「すやねむカモミール」をご紹介します。

 

赤ちゃん,夜泣き,対策,すやねむカモミール,ハーブティすやねむカモミールは子供の夜泣きの改善をするために作られました。

 

海外では夜泣きの子に心を落ち着かせるカモミールを飲ませるのが当たり前のことになっています。

赤ちゃん,夜泣き,対策,すやねむカモミール,ハーブティ

このすやねむカモミールはカモミールを主として、おいしく飲みやすくなるようにこだわったブレンドをしたハーブティーで、小さい赤ちゃんから大人まで安心して飲めるように作られています。

 

ハーブティーと聞くと赤ちゃんには作用が強すぎるのではないかと不安になるかもしれませんが、こちらの製品はとてもこだわって作られており、安全安心な品質へのこだわりを徹底しています。

 

ですからお湯に溶け出てしまう農薬や添加物は一切使用しないオーガニック素材を使用しています。

 

さらに医薬品レベルの品質管理がされているので残留農薬検査や放射能検査もしっかりクリアしています。

 

大人の3倍の敏感な舌を持つという赤ちゃんでも飲みやすいようなブレンドになっています。

赤ちゃん,夜泣き,対策,すやねむカモミール,ハーブティ

そのブレンドの中身はヨーロッパで最も歴史ある民間薬とも言われる休息サポート力の高いジャーマンカモミールを主として、南アフリカのごく限られたエリアにしか生息しない希少ハーブのハニーブッシュとイライラを鎮めてくれるルイボスです。

 

どれも質の良い睡眠が取れるハーブとして有名です。赤ちゃんに取ってこれほどに飲みやすいものはなかなかありません。安心して飲めるすやすやカモミールを家族全員で取り入れることで質の良い睡眠を常にとれる快適な夜を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

 

オーガニックな成分のすやねむカモミールは公式ページがお得↓↓

 

>>>すやねむカモミールの公式ページはこちら<<<

 

 

赤ちゃんの夜泣きで大変

子育てで大変なことを挙げてもらうと、夜泣きと答える保護者の方がとても多いです。実際赤ちゃんがいるお母さんに聞いてみると一番多い答えがやはり夜泣きで、約7割ものお母さんが夜泣きを経験しています。

 

赤ちゃんは泣くのが仕事と言われますが、夜泣きが一度始まると寝かしつけるまでとても大変です。夜泣きはオムツを替えても、授乳をしても、あやしても、何をしても泣き止まず原因が良くわからないと言われています。

 

何をしてもずっと泣き止まない我が子を見ているのも胸が痛いですし、お母さん自身も寝不足で体調がすぐれなくなってしまったり、日中ならまだしも夜間に鳴き声が響き渡ると寝ている家族にもご近所にも申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいます。

 

泣き止ませるためにオムツを替えたり、着替えや授乳など一通りやってみて、それでも機嫌が治らなければ一晩中抱っこをして家の中を歩いたり、ドライブに連れ出してみたりとあらゆる手を尽くして気が付くと朝まで赤ちゃんに付き合っていたというお母さんやお父さんも多くいらっしゃいます。

 

そんなお母さん・お父さんも日中は家事や仕事もあるので体力的にも精神的にも疲れてしまいがちです。

 

だからと言って放っておくわけにもいかないので、夜泣きが習慣づいてしまうととっても大変です。

 

夜泣きは一般的に生後6か月頃〜1歳半くらいの赤ちゃんに多くみられるようですが、早い子では3か月頃からすでに夜泣きが始まるということもあるようです。

 

赤ちゃんによっては夜泣きをしない子もいたり、違いは様々ですが夜泣きを習慣化させないのが一つのポイントになってきます。

 

 

オーガニックな成分のすやねむカモミールは公式ページがお得↓↓

 

>>>すやねむカモミールの公式ページはこちら<<<

赤ちゃんの夜泣きはいつから

赤ちゃんは生まれてすぐ昼夜問わず泣きますがそれはいたって普通のことです。

 

「夜泣きが大変」という話をお母さんになった友人から聞くことも多いかもしれませんし、自分自身の子が夜によく泣くからそう感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は夜に泣くことすべてを夜泣きというわけではありません。

 

夜泣きといわれるのは一般的に生後6か月を過ぎた頃から理由がわからず泣くことを指しています。

 

つまり生まれて間もない新生児期は一晩に何度か起きて泣くことがありますが、まだ昼夜の区別もつかないこの時期に泣くのは空腹やおむつの不快感などによるためなので夜泣きとは言いません。

赤ちゃん,夜泣き,対策,すやねむカモミール,ハーブティ

この場合は泣いている原因つまりおむつを替えてほしい、空腹などその不快の原因を解決してあげればまたすぐに寝はじめます。ですので3か月頃で原因がわからず泣いている場合は夜泣きとは言えないようです。

 

その時期で夜に泣いてしまう大きな原因の一つは、時間のリズムを少しずつ理解しつつも体にリズムがついていないため、夜間の暗闇に不安を感じて泣いているというパターンが多いようです。

 

また1歳を過ぎた頃でよく夜に泣くようになった場合は感受性が豊かになってきて夢を見やすくなり睡眠が浅くなることで目覚めやすくなってしまい、泣いてしまうということがよくあります。

 

これらはその気持ちを落ち着かせてあげるkとおで治まりますが、そうでなはく何をしても泣き止ますことができない状況を夜泣きと言っています。

 

夜泣きには個人差があるので平均して生後6カ月前後に多いと言われていますが、生後3か月で夜泣きが始まる子もいれば、1歳を過ぎてから始まる子もいます。

赤ちゃんの夜泣き対策 薬とおしゃぶり

赤ちゃんの夜泣きの薬

赤ちゃんの夜泣きがひどいと、いつまでこんな状況が続くのかと不安になってしまうことがあります。

 

誰もが通る道で自分たちだけではないとわかっていてもお母さんも睡眠不足で疲れが溜まって辛くなってしまいます。

 

そんなヘトヘトになりそうな時に使える薬があったら頼りたいと思うのもごくごく自然なことです。

 

そこで今回は夜泣きに効果があると言われる薬をいくつか紹介します。

 

いずれも赤ちゃんから飲めるものとして漢方薬が主流です。

 

まず定番と言えるのが「宇津救命丸」です。
これは自律神経のバランスをとり、神経の安定や鎮静に効果がある薬で、赤ちゃんの体質改善にも効果のある薬です。
生薬だけを使用しているので生後3か月から飲むことができるのも安心です。

 

市販薬で医師の処方箋なしにいつでも購入できるのも嬉しいポイントですね。

 

また同じような効果がある薬として「ひやきおーがん」も知られています。

 

こちらも心と身体のバランスを整えてくれる薬で、生薬から作られているので比較的早い月齢の赤ちゃんでも飲むことができます。

 

他には「甘麦大棗湯」というものも夜泣きに効果があり、母子で使用することでも効果があります。

 

なぜなら夜泣きの時にお母さんがイライラしてしまうとそれが赤ちゃんに伝わって一層泣いてしまうことがあるからです。

 

この薬をお母さんも一緒に飲むことで大人も子供と同様に心を落ち着かせる作用が働くので。お母さんにも心の余裕が出来ます。

 

他にも「抑肝散」もお母さんも一緒に飲める漢方で子供の「疳」を治すために作られた漢方薬ですがこれも精神的にリラックスさせる効果があり、赤ちゃんに安心した眠りをもたらしてくれる効果があります。

 

赤ちゃんの体質によって効果の出やすいお薬は違うので、同じような効能のお薬をまずは色々探して試してみると同時に、お母さん自身もあまり無理をせず辛いようであれば時に漢方に頼ってみてはいかがでしょうか。 

 

 

赤ちゃんの夜泣きをおしゃぶりで対策

赤ちゃんの夜泣きが一度始まるとなかなか泣き止みません。

 

どうしても泣きやまないというそんな時に赤ちゃんの気持ちを落ち着かせるグッズとしておしゃぶりを使うもの一つの手です。

赤ちゃん,夜泣き,対策,すやねむカモミール,ハーブティ

賛否両論あるおしゃぶりですが、おしゃぶりを吸うことでリラックスするホルモンが分泌されて精神的に安定して心が落ち着くと言われています。

 

おしゃぶりで落ち着く子には夜泣きの時に泣き止ませるためにも活躍します。

 

またおしゃぶりを咥えていることによって鼻呼吸の習慣がついて風邪をひきにくくなったり、舌や顎の発達を促したりしてくれるというメリットもあります。

 

しかし口がおしゃぶりでふさがれるので声を出すことができず、コミュニケーションが減ってしまうという点が懸念されています。

 

また正しく使わないとおしゃぶりを咥えることが癖になってしまってずっと咥え続けることによって歯並びやかみ合わせが悪くなったり、おしゃぶりがないと寝れなくなってしまうと言った副作用が出てしまうことも事実です。

 

ですからおしゃぶりはおおよそ2か月〜4か月頃の赤ちゃんに使用し、骨格に負担を与えないように、使用時間は3時間程度を目安にしましょう。

 

寝る直前に毎回与えてしまうとおしゃぶりへの依存性が高まってしまうため、寝る直前には基本的におしゃぶりは与えず赤ちゃんが上手に眠れるように促すことが重要です。このようにメリット・デメリットの両面があるおしゃぶりですが、おしゃぶりを上手に活用することで、お母さんも赤ちゃんも気分よく過ごすことができるのは決して悪いことではなくむしろ良いことです。